納税通信

「納税通信」新年1月5日(3354)号から、6週連続で“「増税時代」のお悩み解決塾”と題した連載をスタートさせました。これからの増税時代、企業経営者はどういったことに注意すべきか、ズバッとお話しをさせて頂いております。

第2回は「法人税減税らしいけど、税金はどれくらいもってかれるの?」。経営者として、利益の何パーセントくらいが税金となり、逆に利益の何パーセントくらいが企業内に留保されるのかを、ざっくりとでもつかんでおく必要があります。

そこで今回は、中小企業・大企業別、かつ、中小企業については所得金額別に、実効税率が何パーセントなのか解説させて頂きました。だいたいの税額を把握する際のご参考になれば幸いです。